最近よく釣り場で見かけるようになった、イシモチ。

今回乗合船でGETしたので食べてみました。

イシモチのレシピで検索していくと、塩焼き、ムニエル、煮付け、酒蒸し等々。

刺身や寿司、昆布〆で食べる方もいるみたいですね。

今回も釣りたて即〆なので鮮度に問題はないと思いますが、実は私、人生で一度もイシモチを食べたことがありません…。

魚自体は、

・淡白でクセのない白身魚

・水分が多め

の特徴があるようです。ふむふむ。

煮付けやアクアパッツァは相性が良さそうな気がします。

とはいえ、食べること自体がはじめてなので、魚本来の味を知るべく、塩焼きで食べようかなと思います。

今回のメニューは塩焼きに決定!

なので、ほとんどレシピはありません。(塩振って焼くだけですから!)

主にレシピで迷ってる方向けの食味のレポートになります。

ですが、下処理に一手間かけてみました。

持ち帰ってからよく洗い、大量に塩を振ってからクッキングペーパーに包み冷蔵庫へ。

これで1日寝かせます。

水分多めなお魚はこうすることで身が締まります。

(ちなみに身のうっすいウミタナゴでやったところ締まりすぎて食べるとこすっごく少なくなりました。。)

たしかに捌いている最中もなんだか柔らかいというか、言い方を悪くするとブヨブヨしたような感じ?もあったので少し締まってくれた方が良い。

↑今回は沖合で釣れた30cmくらいのイシモチを使用します。

 

身も厚かったのでざっくり開き、火を通しやすくして焼きます。

じゃじゃん。

 

立派な塩焼きです。

魚を焼いたときの、特有の磯の香りがなんとも香ばしい。

また、うまそうな脂がしっかり見えてます。

いざ実食!

うん、うまい!

ほどよい脂があり、柔らかいがしっかり食感のある身です。

脂はしつこくなく、さっぱりめですがちゃんと旨みがあります。でもくどくない。

開きで焼いたので、身の上にしっかり残っていて得した気分です。

(僕は塩サバやさんまを焼いたときに脂が落ちていくのをああ~もったいね~~と思ってみてるタイプの人間です。)

身は締めておいた甲斐があったか、箸でほろほろと崩れますが食感はきっちりありました。

柔らかくて簡単にとれるので子供でも食べやすいんじゃないかな。

そして、小骨が多いという情報がちらほらとあったんですがまったくなく、むしろ腹骨なんかはしっかりとついていて箸で避けないと食べられない太さです(その周りがまたうまいんですけどね)

塩味がよく合っていると思いました。

そしてくさみもまったくないです。

うーん素晴らしい。イシモチ、塩焼きはあまりオススメしないという人もいるけど、全然いけるじゃないか。

自分の中で「おいしい魚」のイメージがつきました。

東京湾でも数釣りできることもあるみたいなので、機会があればまた狙ってみたいですね。

 

↑昼から焼魚にあわせて釣り人特権してしまう図

 

イシモチ、おいしい魚だということが分かったので、次は塩焼き以外のレシピもやってみたいですね!

 

 

 

 

 


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。