YYPです。

両親が娘を預かってくれるというので、うちの奥さんとBaaataと、3人で若洲海浜公園に行ってきました。

(この前の週にも夜な夜な、Baaataと2人で夜の若洲を楽しむ会を勝手に敢行していたのですが…)

若洲はやはりアクセスが良く、釣り場もそこそこに広いので手軽に海釣りが出来て良いですね。

この日は日曜日の真昼間です。よく晴れていましたがちょっぴり風が寒い。

釣り場に着くとあら大変、満席じゃないですか。

売店前で、こりゃ入れないな~と半ばあきらめ気味のファミリーも数組いましたね。

しかしちびっこ連れの多いこと多いこと。

しかも、短い竿を持って、立派な釣り人ルックの子が多かったです。

頑張ってたくさん釣るんだよ~!

と、他人にエールを送っている場合ではありません。

我々も場所探しに行かねば…。

昼間は堤防が解放されているので(いつも夜21時に閉まる)、ここで回遊魚を狙います。

と、入口から少し歩いたところでちょうどお帰りになられる方々がいたので、そこに入らせてもらいます。

流れが速いわけではないので、サビキと投げ釣りですからそんなにおまつりの心配はないですね。(この日はマツりなしで終われた)

この日の装備は上カゴで冷凍のアミコマセ+トリックサビキでスタートします。

潮がそこそこ澄んでいたのである程度まで見えていました。

私は、すっかり魚餌の虜になっており、今日は泳がせをやりたいという希望がありました。

なので、まず小魚を釣らねばなりません。

サビキは奥さんに任せ、私は仕掛けの準備を。

しかし、ぱっと見、反応がありません。

んー。

回遊魚相手では、回遊していない場合、コマセを撒くか待つか、くらいしかワークがないんですよね。

たらたらコマセを撒いていましたが、1時間ほどしたところでうちの奥さん、飽きたようで空腹を訴えていました。

魚影もないので、ぼちぼち売店へ…

若洲の売店では、カップメン等も売っているので便利…と、言いたいのですが食料品が完全に品切れ。

なくなく釣り場へ戻ります。

んー…。

釣れないわけないと思うんだよな。

それどころか魚の気配がする、気がする。

コマセ投下。

待ち。

投下。

待ち。

….。

….?

ギラ、と見えた気がする。

ってやっぱり、来た!

小魚の群れ!

コマセに寄せられているのか、周辺にやはり寄ってくる。

が、簡単に針は食わない。

引き寄せられたのか、周りでも魚がいる~!と声が上がっていた。

この状況。

やはり、見せなければなるまい。

サビキマンの真髄を。

フィールドに立っている以上あきらめてはいけない、それが本牧出身の釣り師。

いくらシブくてもコマセを撒き続けた先に勝利があるのだ。

しかし、見えていても釣れないとは。

なんとも贅沢な状況だ。

幸いにもコマセを投下している間は寄っていてくれるようだ。

とはいえ正解がわからないのでひたすら続ける。

しゃくったり少し動かしてみたりと色々やってみる。

と、サビキ仕掛けが横に引っ張られ…HIT!

サッパをGETしました。

早速ですがこのサッパには大型ウキ+ヒラメトリプルフックに掛かってもらい、私はこちらの仕掛けで遊んでいます。

隣のファミリーの奥さんが、僕が楽しそうにサッパを針にかけてぶん投げるところをじーっと見てきました。そんな変なことしてませんよ。常識です常識。

しかし、サッパらしき小魚は見えていてもなかなか食いません。

次第に、大きめの魚も寄ってきていました。

サビキ担当を代わりに私が務めます。

針が見破られている(または食べたいものではない)という線が濃厚かと思いますのでフラッシャー付のトリックサビキに変更しました。

これでなんとかごまかせれば良いんですけど…。

仕掛け変えても反応なし!

しかし、コマセを撒けば寄ってくることには寄ってきます。

エビを食ってるには食ってるみたいなんですよね…。

30分くらい格闘して少し理解出来てきたところは、

・コマセを撒いてから2分くらいしたらお魚集合タイム(Baaata氏談)

・仕掛けを動かしてみると魚がそれを意図的に避けているので、ハリスが見えてるかもしれないということ

・それに伴って針も見破られているのではないかということ

…つまり。

つまりつまり。

まず、魚のいなくなったフィールドに(既に寄っている=既に針ばれしている?)コマセを撒く。

仕掛けは先に入れて、仕掛けのあるところにコマセを放り込む感じ。

コマセと仕掛けをうまく同化させたい。

また、表層は晴れ+澄み潮だったので見破られやすいと思い仕掛け自体は深めにセット。

潮も速くないので底までうまくエサが届いてくれればいい。

すると、ちょうどコマセの中に仕掛けが良い感じで混ざった時、グイッとロッドに重みが。

コノシロだー!なかなかのサイズ!

やっと釣れたので嬉しいんですけど、食べるのはあまり好きではない。

隣のお嬢さんがじーーーっと見てきたのであげようか迷ったけど、釣り場にいる以上は釣って手にしてもらいたいものだ。

しかし、ヒットがあるのはコマセと仕掛けが同化した一瞬だけ。

どんだけバブリー(エビ的に)な釣りだよという話である。

ちなみに上カゴなら同じことが出来るのでは?と思う方がいるかもしれないがこれはコマセの量が足りずにダメだった。

多すぎても仕掛けまで魚が到達せずダメだったり、とにかくこの日は人の手で入れる必要がありました。

コマセの続く限り寄せ続け、

Baaata氏もコノシロゲットー!

と、サッパもかけていきます

しかしコノシロは鱗がとても多いので捌くの大変ですね…

帰って南蛮漬けにしてみました。

身の味は…うん、普通においしい!

けど小骨の数がハンパない;;

娘も骨が飲み込めず、噛むだけ噛んで出してました。

いつものYYP式下処理で捌いたのでくさみはまったくなしでした。

普通に塩焼きとかで良かったのかもなー。

しかし寒い中すごい賑わってましたね。

釣り人口ハンパないなぁ。

あれだけお客さんいるんだから売店にはもっと頑張ってもらいたいです。

売店の有無(特に食糧やエサの確保可能かどうか)は釣り場の重要ステータスなので…。

それこそいつでもカップ麺やフランクフルトがある本牧を見習って欲しいですね。

この話はまた別の機会にしたいと思います。

超満員の中でもタチクサはしっかり釣果を出せたので、やっぱり去年より成長できたかなと。ボウズの人達もたくさんいたしね。

タチウオの流れから、最近もっぱら近場の堤防釣りばかりなんで そろそろ沖堤か船に行きたいなーと思うこの頃でした。

また次回~


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。