過去二回惨敗を喫した福浦岸壁タチウオですが、夏の暑さも和らいできた九月下旬にリベンジしに行きました!

(前回7月の記事はこちら)

21時半頃に現地着からの半夜釣りパターンでスタート。Baaataと嫁で到着すると程なくYYPも到着

その日は何故か霧が濃く、海が非常に怪しげな雰囲気。サイレントヒルのよーな怪しげな雰囲気。コレはなんかアレが出ちゃうんじゃないか、、?というよく分からない期待(?)を込めて釣行開始!

嫁はいつもの軽めのウキにイソメでメジナ狙い、YYP は投げ仕掛け。私はいつものタチウオ仕掛けでスタート。


見せて貰おうか、ダイワのリールの性能とやらを、、!

タチウオ仕掛けの構成は下図のとおり。飛距離を稼ぐために、電気ウキは12号、オモリも12号前後を使用しました。

前回オモリを重くしてもイマイチ飛距離は伸びなかったので、今回はリールも変えちゃえました!初めてダイワ製のリールを買い、かつPEを巻いてみました!

リールは今年発売のフリームス。超軽量かつ幅広ラインナップで、アジングなど小物からショアジギなどハードな釣りまで対応するすごいやつ。

キャスティングで発売直後なのに何故かセールをやってたので買ってしまった、、笑

実際投げてみると飛距離が全く違う、、!もともとナイロン3号を使って感覚的に30-40メーターぐらいだったのが、60-70メーターほど届く。25メーターごとに変わるラインが、もう3色でちゃってます。

岸壁から手前はカサゴ、メバル、メジナ等の根魚や居着き系が多く、遠くになるに従って回遊魚が狙えるこの福浦岸壁は、飛距離が釣果を大きく左右します。

今回のエサもいつも同じキビナゴと豆アジ。両方とも冷凍のものを調達。タナはとりあえず約2ヒロからスタート。


時合いは突然に

始めること30分。一向に静かだったウキが、急激に沈み始めます。

とうとうタチウオきたー!と歓喜のタチクサチーム、というかBaaataは興奮しすぎて思っ切り早合わせをしてしまう。

ググッと引いてたのが急に軽くなり、ウキが戻ってしまう、、がーん、、

前にタチウオ狙いの時はウキが沈んでから我慢しなさい!と福浦のおっちゃんに教わったの忘れてました、、

リトリーブしてみると、豆アジくんは無残な姿に。

もうもはや内臓から魂まで全て持っていかれた感。

仇は必ずとってやるぞ、、!と次の仕掛けも入れると、これまたウキが沈んでいき、明確なアタリ!

落ちパクもええところやんけ〜!とテンション上がるも、またすぐバラし。

タチウオさん、ちょっとシビアすぎませんかね、、?

3度目の正直の三投目。

こちらもまたもや落ちパク状態!

反省を生かしてゆーっくり待ち、しっかりエサを食べてフッキングしてもらうように待つこと30秒以上、竿を上げつつ、ゆっくりと巻き始める。

ウキはしっかり沈んでいるんだけど、どーもヒキがない。竿がビクビクしなるというより、水の抵抗があって重いモノを引っ張っている様な、、ヒトデを釣った時ような感触笑。

が、次第に水面に銀色のヤツが現れる!

タチウオや!

YYPにタモを手伝ってもらい、必死のランディング!

どーん!!!

嬉しいのでもう一枚どーん!

ちゃんと測ってないのですが、指3.5本の70センチぐらいでした^ ^

去年に初めてお会いしてから、よーやく会えましたタチウオちゃん!嬉しい〜!!

その後は何回か投げるも、根掛かりしてしまい仕掛けをオールロスト。直前に買ったテンヤにちょっとトライするも、よく分からず無事死亡。

でも、念願の一匹に会えたので大満足!

今回の学びとしては、

  • やっぱ飛距離が大事!PE必須
  • アタリはイマイチ分からないが、フッキング率を改善したい、、仕掛けにトレブルフックも要検討

タチウオがクサくなかった!

翌日は、タチクサメンバー大集合でバーベキューでしたので、網焼きでタチウオを頂きました!

味付けはシンプルに塩のみ!銀色の綺麗な魚体に、パチパチっと焦げ目がついたらいただきます!

んー!おいしー!クサくなーい!

(タチウオがクサいの誕生秘話はこちら)

凶悪な顔に見合わず、身は柔らかく優しい味わいの白身。タイのプリプリした白身というより、しっとり柔らか。とっても美味しい〜!

タチクサメンバーにも大人気でした。ビールとも良く合うGOODなツマミです。

大満足のタチウオ釣行。SNSなんかでも、福浦タチウオ連日とっても盛り上がってます。シーズンが終わる前にもう一回行きたいですな〜!ではまた!


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。