どうも~YYPです!

連日関東は猛暑に見舞われております…。

あまりの暑さと日差しで日中釣りに行く気が起きないよ~、という方も多いのではないでしょうか。。

↑出発当日、日中の気温…

 

そんな皆様にオススメしたいのは夕マヅメ~朝日が強く射してくるまでの夜釣り。

水温もそこまで低くならないので冬の寒い時期よりは釣果も見込めます。

ということで今回は福浦岸壁でサクッと夜釣りをしてきました!

 

狙いはタチウオとその他反応がありそうな魚を五目に…もとより暑くなる前に撤退しようと思っていたのである程度狙いは絞って、フィッシュイーター中心に攻めることに。

ということで、お昼を食べ終わったときに近くのスーパーで。

良いエサになりそうな小アジを発見したので買っていきます。

いざ、福浦へ!

 

到着するとばた夫妻が。既にメジナをゲットしたとのこと!

さすがです!なかなか良いサイズでした。

いや、しかし、暑いな、暑い上に虫が多いらしく、虫よけをお借りすることに。。

そして私の大嫌いなフナムシも大量にいるとのこと。

や、やりづれ~。。

気にしてても仕方ないので、チヌ針にウキつけてキャスト。

30mくらいか。

しかし、飛ばない。

エサの自重でもうちょっと飛ぶかなと思ってたけど、もう少し遠投意識したタックルじゃないと飛距離を出すのは難しそうだ。

ちょろちょろと、チビカサゴがかかるが、とてもミニマムで食べられるサイズではない。

うーん。

猫も暇そうに見物している。

ばた氏が撤収するとのことでキビナゴとサバ切り身を譲り受けたのでアジは猫に提供した。

人慣れしているのかいないのか、何度か威嚇されたが1パック全部たいらげた。

自分の仕掛けのエサはキビナゴに変更し、釣りを続けていると

なんとも不自然な状態で戻ってきた。

まさか、タチウオ…!?

と、テンション上がる。

(あとで分かることですが、カサゴが相当浮いてきていたので、おそらく奴らかと思います。。)

が、その後もキビナゴエサには反応なし。

周りも釣れていないので厳しそう。

せっかく頂いたのでサバ切り身を投げ釣り仕掛けでキャスト。

するとこちらは何度かアタリがあった後、

カサゴがきてくれました!

いや、何度か挑戦はしているのですが 魚の切り身エサではじめて釣りました!

とはいえ、結構小さく切っていたつもりが呑み込まれておらずかなり浅いフッキング。

アピール力と相談ですが切り身のサイジングはかなりシビアかもしれません。

しかし初めて切り身エサで釣れたの、結構嬉しいな。

今まで色々な情報や記事読んだりしてきて切り身でも釣れるとは聞いていたけど正直実績なくて半信半疑だったし。

今回きちんと反応が出て大きな収穫になりました。

カサゴはチビサイズ中心に明るくなるまで釣れました。

しかし、明るくなるにつれて目視できるほどに堤防ヘチにフグの大群が。

エサを入れれば入れるほど集まってきます、フグ。

針を飲まれ、時間をとられ、その間に、

このムシも。

撤収です。

明るくなってきたくらいで岸壁はほぼほぼ満員状態でした。

みんな朝マヅメ狙いですね。

夜中は結構空いていますよ。避暑といっても30度は超えていましたからタオル、水分と対策必須な状態ではありましたが日中よりは遥かにマシでした。

先日、岩手で釣りをしてきたので次回はその釣行を記事にしようかなと思ってます。

それでは~


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。