4/14 大潮、曇り、午前中アタックしてまいりました。

前回ソロ堤防で非常に寂しかったのでタチクサメンバーと一緒に再戦笑。

今回は5時発、11時戻りで、安定の6番に。

朝一の数投目からヒットしてきたのは、、、

安定のカサゴさん。相方も同時にキャッチ!

よっしゃ〜今日もイケるぞ〜と気を良くした瞬間、事件は起こる。

釣れたカサゴをバケツに入れようと、海水を汲むべくバケツを水面にぶん投げた瞬間、、、

ロープがブチッ、、、!!!

根元のフックのところがダメになっていた様子。

静かに沈みゆくバケツさん、、

釣り上げるにも水の入ったバケツをかけたら絶対に竿折れるしな。。

バケツはもう一つ持っていたのでかなりアッサリ諦めることに。

いずれ山本釣船店の釣果報告には、

バケツ  0〜1  川崎新堤

と記されることでしょう

バケツはリリースしてしまったものの、今回もコンスタントに沢山カサゴ釣れました。コンスタントに釣れすぎて写真もあまり取らずに終えてしまった笑

川崎新堤防は、シーバスのルアーとクロダイの落とし込み釣りのメッカ。特にシーバスは例年春は「春爆」と呼ばれる程、釣れじゃくるそう。ただ、今年は非常に渋い様子。。周りが釣れている様子を見る限り、午前中釣行で一人2尾いけばいいほうかなぁ、という雰囲気です。

そんな中、カサゴはあまり狙って釣っている人はとっても少ない。今回の釣行でも、エサ釣りしていた人は6番の中でで5ー6人。あんまりカサゴがすれていないんだろうし、ストックも沢山いるんだと思う。

通常カサゴは成長の遅い魚で、20センチクラスになるには4年程かかるそう。そんな遅咲きのカサゴを保護しよう、という働きかけがあることを色々な所で聞きかじる。

本牧海釣り施設では、15センチ以下のカサゴは必ずリリースするよう、しょっちゅうアナウンスが流れてるし、ネット上では腹パン子持ちカサゴを持ち帰るだけで炎上する。

そんな保護動物扱いのカサゴさんですが、川崎新堤防のカサゴは平均サイズがでかい。20ー25センチは余裕であるんじゃないか。

2回行って感じたが、ここのカサゴは本当にセオリー通りのスポットに隠れている。

  • ケーソン隙間: 前回隙間釣りをした所では、入れたらすぐヒットするほどガンガン釣れる。あの狭い隙間はカサゴパーティ状態
  • 堤防ヘチ: ヘチを丹念に探ると必ずいる。ケーソンよりエリアが広い分探すのに時間がかかるが、なげる必要は全くない。足で稼げば釣れる
  • ベイトがいるところ: この時期堤防をよーく見ると、5センチに満たないマイクロベイトが大量に流れている。水深の深い堤防で、カサゴがいるレンジまでベイトが流れているかはわからないが、少なくともベイトが流れている所は潮通しが良いところや潮目のポイントが多い。ベイトが流れているところをボトムまで落とすと、今回は結構食ってくる事が多かった。カサゴもフィッシュイーターなので、潮通しのいいところに居着く道理はある。

いそうだな〜ってところに本当にいるから釣っててすごく楽しい。ただ仕掛けを張っておくだけじゃなくて、すこし誘いをかけると釣れ方が全然違う。

朝早い時間の方が良型が出る気がしますが、飽きる事なくヒットが続きました。

今回は結果カサゴ9尾ゲット!

あとフグ1リリースしたので、合計10尾で前回9尾の記録を更新!

次回はフグ抜きでツ抜け目標!

そして家に帰った後は、味噌汁、塩焼き、翌日に唐揚げで頂きました。

味噌汁は安定して旨い。ブッツリ切って茹でて味噌を入れるだけ。大根やネギがあるとなお良し!

塩焼きは今回初トライ。塩にまぶして焼くだけ。ただ胸ビレがすぐ焦げてクサくなるので、2回目は胸ビレを取って焼きました。

唐揚げは一日タレに漬け込むとめっちゃ美味しい!醤油、みりん、酒、おろしにんにく(多め)、おろしショウガを適当に混ぜた漬けダレに放置するだけで圧倒的に美味く頂けます。これには妻も大喜び。

次回また川崎新堤防行きたいな〜。次回は1番攻略に行きますかね!


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

1件のコメント

クロダイ爆釣!(隣のおじさんが) | タチクサ · 2018年5月24日 12:10 AM

[…] 以前のカサゴ爆釣記事にも書きましたが、この子達だけはちゃんと狙えばちゃんと釣れてくれる。。。! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。