YYPです。

世間はGWということで、関東近郊でもファミリー釣りや旅行がてらの遠征釣行等、様々なところで一際釣りシーンも盛り上がっているところ。

自分も連休だったので、以前から気になっていた江ノ島に!行ってきました!

メインは夜釣りで、移動を夕方以降と朝に絞って連休の渋滞を回避する作戦。

釣りでヘトヘトになってからの渋滞なんて絶対避けたいですからね。

到着時間は18時過ぎだっただろうか。

昼間から釣りをしていたであろうグループが、ちょうど帰るような頃合いだった。

今日はばたさんと二人での釣行予定だったが、エサや仕掛けを買ってきてくれるということで、先に着いてしまった僕は場所取りに走る。

堤防の真ん中あたりが空いたのでササッと入る。すると、すぐに先端側のグループも帰ったのでさらに先端側へ移動。

なかなか良い場所がとれたので、竿と仕掛けの準備に入る。と、なんと最先端グループも帰宅。マジか。あっさり一番先端とれたわ。幸先の良いスタートを切れそうだ。景色も程良く夕焼けで、なかなかに気分も良い。

そして頃合い良くばたさんも到着し、買ってきたいつもの2,3倍くらいの量のエサを広げる。気合入ってんなオイ。でも気合入ってるのは僕も一緒だ。前回の花暮岸壁や、最近の若洲での釣りでは不甲斐ない感じで終わってしまっているから、今日はおもくそ釣ってやるぜ!という気分なのである。ばたさんに至っては魚を2日ほど食べていないとか。断食ならぬ断魚である。断魚は魚に対する執着が上昇するから、集魚力に補正がもらえる。さすがの準備である。今日は大物注意だな…なんつって。準備できました。

 

この景色。

コマセなんて生臭いものを開封するのもためらわれる夕暮れ刻。

それでもやはり、網にコマセをなみなみ盛ってはドボンと投げ入れる自分がおりました。

少し風はあったけど、場所もコンディションも抜群。

1本目は遠投ロッドにサビキ。まずはコマセに寄る魚がいるのかどうか見極めなければならない。竿がサビキにしてはオーバースペックだがこちらは置竿前提なので構わない。

2本目は電気ウキ仕掛けに青イソメ。年明けから、非常にヒット率の高いうちのエースである。元々は浮いてくるメバルを釣りたかったので導入したのだが、セイゴやウミタナゴ等もカバーしていて、投げで底のみを狙うよりタナを変えながら攻めやすいというのもあり、愛用している。

手早く仕掛けを投入し、エサを補充し、アタリを待つ。

いつ大物がかかってもおかしくない。

そんなドキドキの待機状態である。

なんたって、江ノ島である。

今年は黒潮の影響もあり、地図上だけで見たら太平洋側で一番影響を受けそうな場所がここだ。太平洋側に露出し、海に囲まれた…というより海の流れの中にある島といってもいいだろう。

様々な魚種が島周辺を回遊しているに違いない。

補充。ポイント変更。アクション少し入れて、壁も丁寧に探る。

結構浅めだな…。

1時間程、あまり会話もなくお互いの釣りをハイペースで進めていったと思う。

真っ暗になる前になんとなく手応えが欲しい。

今日の目標はメバル、ヒラメ、サバ、スズキで4点盛りである。

夕飯は俺に任せろと、そう言いたいのである。

 

しかし、まあ、なんというか…

薄々気づいてはいたんですけどね。

受け入れられないというか。

…そしてひと段落したところで、いやー、釣れませんね、とばたさんと顔を見合わせてしまう。

 

いつの間にか辺りは暗くなっていて、ライトを必要とするようになっていた。

二人で試した釣りは、サビキ、投げ、ウキ、カゴ、ルアーと手持ちの策は一通り出してみた感じだ。

しかしまったく反応はない。周りも、まったく釣れている気配がなく、気付けば満員に近かった釣り場も閑散としていた。

後ろでは何やら外国人が集会を開いている。

はじめのうちは、魚が散るからやめてくれよーなんて思っていたが、すぐにそんな騒音なんて関係ない事を理解する。まったくといっていいほど魚影がないのだ。

この時間帯ならちょっと沖目で不意にバシャっと魚が跳ねたりして、釣り人をドキッとさせたりするものだ。だが、そういったこともない。

極めつけは足元にフナムシが登場し、我々の領地を蹂躙し、突然のベースキャンプ襲撃に怯える僕らの戦意を削り落としていった。

至近距離で見るフナムシはとても生々しい。みんなも夜釣りの足元には気をつけよう。

 

だが、この程度で終わるわけにはいかない。

わざわざ江ノ島行ってボウズとか、屈辱の歴史になってしまう。

入口付近のL字堤防や、沖側の投げ釣りにもトライしてみる。

場所は空いているから、先入観を捨てて移動も辞さない構え。

試しに遊歩道の上も見に行ってみるが夜間は閉鎖されているようだった。

てくてく歩いて移動するも、ダメ。周りも反応なし。

仕方なく、元々のポイントに仕掛けを戻す。

堤防先端には潮の流れの関係からか、少し渦を巻いているところがあって、そこめがけて仕掛けをいれてみたりした。メジナなんか、潜んでいないだろうか、と。

でも、あまりの流れの強さに仕掛けごと流されてしまってポイントが固定できない。

やはり、ウキを足元に垂らすしかなく、手持ちの仕掛けを確認していたりした…

すると…

見間違いでなければ、ウキが潮の流れに逆らって移動しているように見える。

渦巻きとはそういうものか?でも、何か違和感がある。

スッ、と竿を持ちあげると、プルルッとアタリがある。

何かがいる!

巻きあげると、多少の抵抗はあるもののすんなりとその姿を現した。

 

ザクとは違うグフである。

正直ちょっと期待したのは…連日釣果に名を連ねるサバか、メバルか、ウミタナゴなんかでも良かった。

少し群れる魚なら色々と可能性が生まれたんだが…

こいつはダメだ。しかも極限状態に近いこのタイミングで来るか…

食えない上に気持ち悪い。針も飲み込んで面倒な魚である。

 

今までこんなことはなかったが。

普段の釣り場より移動距離が長いことと、この釣り場の状態を考えて少し休憩することにした。

どれだけ釣れない状態が続いても今まで途中で飽きたとか、休むとか、そういうのは無かったけど、疲れもあったため車で仮眠した。

午前2時頃。結構落ち込んだ気分の中、眠りはじめる。

そして3時頃からまた活動開始。次はばたさんが休むというので、交代。

のそのそとまたウキを出していると、隣で釣りしていた兄ちゃんが竿とタモで2刀流しているではないか。

真っ暗闇の中で、何やら一人奮闘している。

何かやっているのは明らかだったので、水面をハンドライトで照らすと、何か巨大なものが。

タモ持ってもらえますか、というので言われるがままにタモを握る。

と、ライトが逸れて逆に見えなくなってしまったので、タモを返し、照らし役に専念。

すると、2,3回のスイングでタモに収まった。

良かった。知らない人だったけど隣の人が釣れて悔しいとか、そういうのは全くなく、この状況で一人の釣り人が釣果を出したことを素直に喜んだ。

 

えっ…と…

なんですかコレ…?

と、近寄ると、あの、スミが危ないですよ、と言われる。

スミ、墨か。つーことはイカですねこれ。

すげーでかいですね、なんですかこれ、と聞くとコウイカです、と教えてくれた。

イカ。エギングですか。しかし、でけーなオイ。

軽く50cmくらいはあった。

写真とらせてくれてありがとうございました!

 

自分の守備範囲外の獲物ではあるものの、釣果が上がったのを見てテンションを復調する。

既に、夜明けが近い。

トイレやらなんやら済まして、仕掛けを2本ともサビキに戻す。

あとは待つのみである。

 

……

そして、少し、明るくなりはじめた頃に、竿がぴょこぴょこと動く…

足元なのですぐに巻き上げると、小サバ!

ついに来た。なんとなくこいつだけは来てくれるって気がしてた!

もちろん釣れて嬉しいわけだが、このサイズなら続けないといけない。

自分でも以外と冷静だった。

ここまでの旅路、昨日の夕方からこの朝まで耐えてきたことを思うと、とても小サバ一匹で喜べるものではない。

続けなければ。

このサイズなら群れで来てるのは間違いなさそう、とにかくコマセを投入し続けて離さない。

…つもりだったんだが、既に続かない模様。

ばたさんもサバを見てサビキの準備へ。

二人でとにかくサビキを入れていく。

まだ完全に明るくなったわけではなく、水面の状態は不明なままだ。

すると、小サバがばたさんにもヒット!と、続けてウミタナゴもゲットしていた。

見ると、トリックじゃないですか。

たしかにこういう初見の釣り場では有効な気がする。

引き出しの多さは流石である。

タナは中層くらいかなという見込みで続けていると、また2匹ほど小サバが釣れた。

だが、夏のイワシのように入れ食いというわけではない。

ほどなくしてAM5時となり。

駐車場の解放とともに、朝一組がなだれ込んできた。

みるみるうちに埋まる釣り場。

我々も少し領地を狭めながら、サビキを投入し続けた。

釣り人が増えたところで、他の方々の状況を見ると。

まだ釣れてはいないものの水面付近で仕掛けを構える方々が多数いることに気が付く。

まさかね…と思って浅めに仕掛けをセットすると。数秒でヒット!

さらにもう1本の竿もブンブンしなっている。

このアタリで本日の勝利を確信する。

 

Q.江ノ島で小サバ釣りをしてみようと思うのですが、タナはどれくらいでしょうか?また、仕掛けは何を使えばいいでしょうか。

A.朝一でコマセを入れて水面をピンクサビキで狙ってください。仕掛けはダイソーの100円サビキでもいいですが出来れば針は小さい方がかかりが良いです。

 

どう考えてもベストアンサーである。

朝一組が準備していたり状況を把握していない間に釣りまくる。

水面にカゴをつけて少ししゃくり、サバの群れを寄せてから少し巻いてアミカゴは水中から出してしまう。針と撒いたエビが同化するように待てばok。すぐにヒットしてくれる。このとき大事なのはコマセを撒きすぎないこと。撒き餌が多すぎると針をスルーすることがあるので、アミカゴは途中で出して構わないのだ。もちろん寄ってこない場合は撒き続けるしかないのだが、既に魚群が見えていたり近くまで寄せられている場合はカゴ下の針まで有効利用出来た方が手返しが早くなる。(ようは時間効率の問題。)

慣れてきたので、最終段階は竿2本を同時に出して同時にヒットさせて回収する。
寄せるのが一回で済むから効率がいい。
なんなら少し待って2匹かけるのも良かった。(3匹以上は、結構暴れるので高確率で落ちる…)

 

 

気づけば水面に見えてるじゃないか。
キラキラした魚体がヒュンヒュンとエビを捕獲しては、針にかかっていく。
人間の走るスピードよりも全然速くて驚いた。
久しぶりの”見え釣り”を楽しみ、バケツも満タンなところで捌きにかかる。

青物はとにかく処理に気をつけないと足も早いしニオイも出る。
頭を落とし、内蔵を出す。とにかく内蔵やエラの部分に原因があるのでこいつらを処理してクーラーで持ち帰る。小サバには固い鱗はほとんどないので、頭と内臓さえ処理してしまえばすぐに料理に使える。おおよそ20匹ほど捌きたおし、ふう、と一息つく。

と、さっきから気になることがあるのだ。

ちびっこがそんなとこで釣りして危ないとか、交代でやりなさいとか、兄ちゃんはさっきやったとか、そんなセリフを耳がキャッチしている。

所詮は他人事である。何せ僕たちは 昨 日 か ら いるのだ。長すぎる場所取りではあったが、先端で優位に釣る権利はあるだろう。

見ると、僕らのシマの右側で、男の子が釣り人のおっさんに囲まれながら体に不釣り合いな竿を出していた。大人なら入れないくらいの隙間だ。親が断って入れてもらったようだが、その間隔では当然のように周囲の釣り人と糸を絡め、体を乗り出すもんだから周りのおじさんたちに前に出すぎだの見ちゃいられねえと小言を言われていた。それを、男の子の兄弟2人が交代でやっている。

本来どうでも良い事である。正直言って僕は身内以外は他人が釣れてたらアーッ!俺の釣る予定だった魚をーっ!貴様ーッ!って思っちゃうくらい心の狭い釣り人です。前日からの苦労もあり、どうしても釣り場を譲るなんてことは心況的にできそうもない。でも、子供が楽しめないのは良くない。これが親心なのか。子供が楽しんでくれれば自分も楽しいみたいな、なんとも薄っぺらく聞こえるそんな理論である。

結構悩んで、声かけることにした。色々片付けて、竿しまって、一人なら入れるからいいよと声をかけた。

片付けをしている最中、先端で釣りしてる集団の中の一人に兄ちゃん帰るのかと声をかけられるが、そこの子入れるので、と断った。常連なのかしらないが爺さんが入れなくてどうとか言ってたけど俺の隣以外は好きにしろって感じだ。お前らこの子らが全然まともに釣り出来てないの見えてんのか。と瞬間的に苛立つが、その子らの親に自分達の後ろに荷物をつけるよう誘導する。左からも爺さんがジリジリ詰めてきているから。

シーズン中の釣り場争いは地獄である。魚と戦うためにまず人間と争わねばならぬ

しばしして、弟くんのほうが隣で釣り開始。でもタナが深すぎる。水面で良いんだよ。と言いたいが口を出していいか迷う。でも周りが釣っていて、僕だけ釣れないよ~的な雰囲気を、なんとなく不満げな空気を出し始めたので、おい少年、もっと上だ上、少し巻けと言って、タナを合わせさせる。そして、プラ杓でコマセ投入。サバを一気に寄せて、来たぞ来たぞ~!と煽ると少ししてヒット。すると、

「お父さ~~~ん!!」と叫ぶと、竿もって下がってった。

いいね。自分の子じゃないけど子供の喜ぶ声は嬉しいぞ。

その後もコマセを撒き、そこじゃねえこっちだもっと巻けと、少年とチームプレイ。

釣れるとたいそう喜んでくれるのでこちらもヒートアップしてガンガンコマセ投げて煽る!

釣る!外す!入れる!釣る!というのを繰り返した結果、そこそこの数を釣りあげた。

弟くんも満足したようで、サバばっかりしか釣れなくて飽きちゃった~~なんて言い始めた。30分前とは大違いだな。

お父さんのいいとこ取っちゃったかな、なんて思ったけど、うちは一人娘なんで、男の子と遊ぶのは楽しかったぞ。ありがとう少年達。

そして、ガンガンに日差しが照らすようになり、ほどなくして体力も尽き、これで江ノ島での初釣りは終わる。

湾奥では夜のほうがチャンスが多いというのが定石みたいになってたけど、全然通用しないし、良い経験になりました。

 

持ち帰ったサバは、再度洗い直して塩を振る。

そしてくさみを出してから調理。

 

サバは塩焼き、南蛮漬けで食べました。

くさみが全然なくてうまい!

南蛮漬けは本来苦手な食べ物なんですけど、今回は奥さんが酸っぱいの苦手対策ですし酢を使って作ってくれたのでおいしく食べられました。

よくツマミに良いですねとか聞くけど、これは全然夕飯のオカズとして成り立つね。

やっぱり、汁物にできる根魚か、刺身のとれる魚が釣れてれば定食が出来たから悔やまれるな。釣った魚で定食、次回以降の目標になります。よろしくお願いします。

この日は実はこどもの日ということで、夕食は…

はい、こちら娘と盛りつけしたちらし寿司になります、どう見てもこれが一番うまそうなんだよな…。

江ノ島だけはなんとなく昼間の方が釣れそうな気はするから、日中に観光がてら行ってもいいなーなんて思います。

 

釣果:小サバたくさん

 

 

 

※コメント、可能な範囲でお返事致します。

※釣方や釣り場の様子など気になる方はコメントにて質問してください。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いしますm(__)m


ランキング参加しています!良ければクリックお願いします!

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。